読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医者妻ゆめこのやってみよう!

医者妻ゆめこの幸せな結婚をする方法!

人の死は突然 いつ死んでも悔いのない人生を送れているか 親戚の死 交通事故でした。

今朝、母から連絡がありました。親戚の突然の死を知らせるものでした。早朝の交通事故でした。

まだ60代前半の、とても素敵な人でした。
たまに会うと、良くしてもらいました。体も声も大きく元気で、面白い冗談をいうところは可愛らしさもある人でした。

交通事故というショッキングな亡くなり方。家族の気持ちや本人のことを考えると、とても辛く悲しく、落ち込みます。

主人の職業柄、人の死についてはよく話していました。『人の命はいつなにがあるか分からない』
『俺は突然死んでも悔いのないように生きている』
『だから俺が突然死んだとしても悔いはないことは覚えておいて』
『残された家族のことだけが心配なだけだ』
主人はいつも言っていました。


そんなことは理解しているつもりでした。だけど、いざ自分の身近にこんな事があると。
本当は全然分かっていなかった。
人の死が突然くることがあること。
残された家族のこと。
悔いのない人生。

全然分かってなかったと思う。

今回のことで、身をもって感じました。
悔いのないように。
残された家族に『悔いはない』と、主人のように言えるか。

毎日のほほんと生きてきたと思う。
だけど30代になり、永遠に続く未来ではない。
老いる、死ぬ。
そんなことをしっかりと、頭に、心にきざんで生きていきたい。

やりたいことはチャレンジしたい。
迷ってる暇はない。
よし!やってみよう!
とまず進んでみよう。

後悔はしたくない。おもいきり楽しみたい。精一杯がんばりたい。
死ぬときには幸せな人生だったって思いたい。

うん、私、がんばる。